帯広のジオン兵従軍日記

帯広スガイディノス Sディノス帯広大隊所属 万年Aクラス クスノキ@?のへなちょこプレイ日記です。

カテゴリ: 動画

第三回 クスノキin東京
突然の潜伏宣言と、非常にアバウトな予定記述にもかかわらず、時間を作って集まっていただき、リアルバースト会を楽しむことができました。

今般お集まりいただいたのは

小隊長@小粋な水泳部員 さん
おやじのちから さん
ニケ さん
なべっち さん
はるやん さん

大変楽しくプレイできました
相変わらず微妙なプレイの連続で、ご迷惑をおかけいたしました(^^;
バーストプレイは楽しいですね〜♪
小隊時報もテンション上がりますが、別種の楽しさですw

次襲撃するときは、もうちょっと事前に連絡いたします(−−;
お集まりいただき本当にありがとうございました。

IDBで、後半イジーさんにもご参加いただきました♪






その次のクレジット1戦目をお送り致します。

1戦目 リボコロ(R) ツヴァイ ジャイバズ


マッチング

小隊長
イジー さん
おやじのちから さん
コチラ さん


&前二戦とは違う、まきこまれたお方

肉になりそうなとき、決まってツヴァイ選んでしまう今日この頃w
黒ザクも大好きなんですけど、ジャイバズの火力は魅力的です。
それはさておき、今回も護衛です♪
色々ちょこまかやっていますが、相変わらず一番に落ちます。

2nd 護衛のところの、パワードジムの軸あってなさそうなタックルに悶絶しながら、時間稼ぎをやってみた。
無理でしたけどw
そんでもってラストの攻防、とりあえず暴れることで、タゲとりしてみたつもりなんですが、単に何も考えていない特攻になってしまった不思議。
おかしいなぁ〜
いや、毎度のことか↓

おやじのちからさんが、気合の拠点攻略とほぼ同時の前衛落としで、ゲージ飛ばし。
おやじさん、こんかいも輝いてましたよ♪

私はもう少し頭使わなきゃなぁ orz

リプレイはこちら

前記事2戦目のもようもお送りいたします。

2戦目 リボコロB V6 ミサイル弾


マッチング

小隊長
イジー さん
おやじのちから さん
コチラ さん


引き続き巻き込まれた6番機さん

開幕ミサイル弾3発がアンチ格に吸い込まれてよい感じのスタート
護衛 格近近 vs アンチ 格格近
高コスト格を削れたのはよい感じ。
素ジム見かけたときは、突っ込んでくるかと思ったけど、コレがタンクにメイン撃ちこんでいる間に、おやじのちから さんがガンダムにかみつき。
上手く相手の編成の思惑を空回りさせることに成功

セカンドまでのミサイル弾タイムでノーヒットというところはご愛嬌

セカンド移動で、指示だし遅れて味方が中央−左によってしまい、右拠点あきらめ
前線にいたのが、バラッジ含む近距離三機だったので、囮やる為にあえて中央先行

あっさり落としてくれたので、拠点ドッキングステーンバーイ

で、もんだいのキャッチである orz
ミサイル弾撃ちながらやったもんだから、硬直作ってキャッチに動けない阿呆ぅタンク
あせってブースト踏んでしまったりと、混乱の様子が見えますなw

おやじのちからさんが、キャッチ手伝ってくれましたので、なんとか飛ばされずに済みましたが、キャッチならキャッチに集中せねば。
いったい何年これやってるのやら。 orz

しかし、最後はおやじのちからさん 見事にキャッチ爆散→連邦ゲージ飛び
ナイスセーブでした♪

いや・・・はい、反省しております、ホント(涙)
皆さんも、最後しっかりゲージ飛ばして本当によい仕事でした。

お荷物タンクほんとつらいw

リプレイはこちら

さてはて、先だっての小隊時報の時のお話を前記事でかきましたが、調子に乗って動画も一戦UPいたします。
対人戦2クレ目
1戦目 リボコロB ツヴァイ ジャイバズ


この一戦をえらぶあたり、個人的にはアレだなぁとは思いますが、小隊長がジュアッグで暴れた一戦でもありますので、あげねばならぬと動いた次第ですw

マッチング

小隊長
イジー さん
おやじのちから さん
コチラ さん


と、巻き込まれた6番機のお方

内容的には・・・
うん、脳筋ですねw
一応、考えているふりはしていますが、基本的に殴って何ぼです(物騒)
QD火力枠ですから、バズにつなげるのが最優先。
でも、2おち目のスカは何だかなぁ
QD当てるならしっかり赤ロックしろ orz

最後の攻防ですが、駒・タンクは乱戦内に取り込まれていたので、味方の被せによる事故・簡8によるバルカンバラまきなどを避ける為、あえて奥にいた簡8にしかけました。
最後の連撃は、1QD70ダメで落とせていたのだろうか?
2撃56ダメ 3撃目34ダメなので、速度とダメージ優先して三連撃選択
ミリ残りが怖かったのですよ。
結局は三撃目も出せなかったわけですが、2QD拡散72ダメ
が発動早いので一番の選択だったような気がする。
難しい一瞬ですが、なんにせよ私は間に合いませんでした。

きっちり小隊長が駒おとして逆転というあたりが中々に見事な一戦でありました。
リプレイはこちら

久方ぶりの更新になります

最近体力的にちょっと怪しくて、絆あまり出撃できていないです。
ただでさえ残念なのに、劣化がとどまりません。

そんな中、9/13 に執り行われました小隊時報の模様をお届けいたします
ステージはNY(M) 8vs8
はい、例の反転マップです。
二戦ともツヴァイ出撃。

小隊出撃は
小隊長
嫁がシーマ様 さん
コチラ さん

密かに連邦再度に、偶然敵マチしてしまった アノ さんがいらっしゃいました。w

一戦目


開幕、小隊以外の一機が護衛側についてきている感じで枚数有利かと思い、一目散に敵アンチに切り込み。
その一機が枚数あわせで転進してしまっていて、更に相手が枚数合わせしていたもんだから、一気に枚数不利。
ヒャッハー出来ると思ったら、逆にフルボッコという事態に陥りましたw
枚数有利側にリスタして、タンクセカンド進行の様子見を決心
行きがけの駄賃に、ジム改と敵アンチから流れてきていたアレックスに手を出しつつ、中央へ向かいます。
向かいますが、アレックス斬った後一気に味方が引いてしまって、取り残されw
瀕死になりながらも、2ndでザメルが何とか拠点攻略できるよう、一発稼げればと前にでる。
2落ち目リスタでは、敵タンクがいるかと思って左リスタ
見事に敵前衛の真っ只中という危ない状況にw
相手に格闘機体が居なくて助かった。
・・・いや、本当は居たんだけど、こっちをみてくれたのは近2枚だったしw

最後、グダグダではあったのだけど、リスタした旧ザクに私とガルマが助けられ寸でのところで生還
最後かすっても逆転されてしまうので、ひとり戦場からガン逃げして終了
非常にヒヤヒヤものの一戦でした。

二戦目


ゴッグ*2 ツヴァイ*2 高ゲ*2 ガルマ*1 ザメル*1
なんかカオスな編成w

小隊長特攻
枚数不利が明白だったので、慌てて追従

切り刻まれて、あっという間に蒸発寸前w
うん、一戦目もこんな感じww
相手ガンダムが、はじめの攻防で3割弱ダメージ受けてすぐ後退した為、
小隊長とコチラさんが、ゴッグ無双w
相手アンチを平らげてくれたので、さっさとリスタして、アンチ側の加勢を選択
しかし、敵タンクも拠点確定していた為、敵護衛と交戦することなく空振り
・・・リスタ直後、敵タンクに向かっていたら、1st止められていたか?・・・ やっちゃったorz
2落ち目直前で敵タンクを視界に収め、嫌がらせ。
リスタで中央に来たときには、護衛が間に合わず、タンクが落とされる失態。
敵タンクは、既に砲撃可能範囲でノーマーク
あわくって、このあたりで戦闘を開始するが、大して役に立たず3落ち目
何とか拠点攻略成功させていれば、ゲージ飛ばせたのかな?
う〜〜ん?

最後のリザルトで小隊前衛メンバーの護衛ポイントが揃って175というところが、動画編集していてツボにはまった一戦でしたw

はい、皆さんお久しぶりです。
相変わらずゆる〜〜〜く出撃している今日この頃。
バージョンアップ、新機体追加・小隊員の皆様の玄人化と自分の腕の劣化など様々悶絶要因重ね、日々唸っています。
そんな中6/28小隊長招集により、久しぶりの小隊時報開催となりました。
今回の事前課題の一つに「くすのき狙撃出撃」という、なんとも恐ろしいものが紛れ込んでいたわけで(^^;
あくまでも、”2戦目ランダムで、チャンスがあったらね〜”っという、ハードルの低いはずの話だったはずなのですが・・・
ここはそれお約束というか、最終クレジット二戦目というタイミングで引いてしまったんですよ”タクラマカン(砂嵐)”w

日ごろの行いというか何と言うか、「なんだコノお約束は!?」っとPODの中で悶絶した次第ですw
それでは今回のどたばたの模様を、MAP表示段階からお送りいたします。

6/28 タクラマカン(砂嵐) 6vs6 ゲルJ青1



ごらん頂けましたでしょうか?
編成段階からの皆さんの暖かい励ましが、身に突き刺さります♪
大方の予定通りというか、普通に地雷スナを実践したわけです。(−−;;

反省点
・逃げるときは徹底的に逃げろ
返り討ち狙って3落ちなぞ、狙撃のやることではない

・未だに距離感が近い
せいぜい射カテの距離感か、近距離です。
最長射程が欲しくて青設定にしている意味がない

・癖の強い青1よりも、まずはノーマルで
今回射程と最大威力の旨味をと考えて青1選択したわけですが、その分よろけ・ダウンを取るまでが難しい。
最初以外、800m以内レンジで闘っている(?)のだから、一発にかけるのはヤメ


・・・反省も何も、基本的に何ひとつ良いところがないのだから、どうしようもないですね。(−−;
まだまだ、乗ったとも言えないレベルですので、次回皆様にお目にかける時は改善させていきたいです。

「こころあたたまる」皆さんの「ツッコミ」を多数お待ちしております。

P.S:Youtubeさんが60fps対応したそうなので、今回からちょっと動きが良い動画をお送りすることが出来るかも?
見る方の再生環境によっては、いつもより「ぬるぬる動く」筈なので、もうちょっと動きのある動画も、近々あげますね。

よせば良いのに、今度は自分晒し動画です

ア・バオア・クー 6vs6 新スナ

私としては珍しい、スナイパー動画です。
最近ちょくちょくPM等でお相手いただいている某氏と、射BR&スナイパー機体の投入もあり、練習せねばと思い投入。
え〜〜↓
どう見てもお荷物です。 orz
特に後半の空気っぷりは致命的。
さっさと拠点上に登っていれば、勝てていたでしょう↓
そしてスナイパーとしては、致命的に間合いが近い
思っていたよりも近すぎて、自分で慌てたほどです。

問題は山積みですが、修正して実戦で使えるような腕にならねば・・・


ア・バオア・クー 6vs6 ガンダム

今度は、おなじみ連邦の白い悪魔です。
前半はグダグダな立ち上がりながらも、機体性能のおかげでそれなりの展開
問題は後半戦
拠点攻略直後は余裕のあった盾ジム・FABが、2nd進行前に極端にAP削られてしまい、それでも2nd開始。
ゲージ差から考えれば引いても勝ちが見えたのだが、彼らは行ってしまった・・・
私の失態は、ここでタンクに<無理するな><拠点防衛><よろしく>とでもチャットできる判断が無かったこと。
そして続く誤算は、リスタしたタンクが右ルート突貫を選んでしまって、更に自分の目の前のを落としてしまったこと。
味方リスタが次々来たので、一回くらいタンクを転ばせれば逆転ないなとゲージ差に安心してしまって、傍観モードに入ってしまったこと。
・・・一発でもキャッチしていれば・・・orz

2戦とも、自分の判断で負けに導いた戦いです。


気分転換にもう一戦
ア・バオア・クー 6vs6 ガンダム

こちらは、一応勝ち試合
相手がはまってくれたので、それなりの戦果が得られました。
ガンダムのBRBが強力すぎる。
コスト+20になっても、十分脅威ですわい。

私としては珍しい、連邦野良出撃時の動画になります。
ア・バオア・クー 6vs6 ネメスト 槍Bバルカン


一戦目、何だか不完全燃焼気味に負けたので、割り切ってモップ装備。
動画内でもコメント付けていますが、ブリーフィングでタンクさんが若干ネガっていたので、ちょっとテンション的に下がり気味。
鬱憤はプレイにぶつけることに。
Q:前記事と同じ日?
A:半月ぐらいは日付進んでたはず

Q:なぜこんな格差動画をあげた?
A:たまには暴れても良いじゃない(ガクガクガク)

連邦カード自体、あまり使用していないこともあって、リアル階級の方を引きやすいです。
私の実力的に、このあたりで勉強して来いと言われればそのまんま。

需要があれば、この日の他の「酷い」動画を晒すことは出来ますが・・・
本当に内容が酷いですw

久しぶりの更新になります。
2月から何だかどたばたしてしまって、気がついたらGWの中盤
変な生活リズムで体調崩したりで、なかなか落ち着きません。

戦場の絆なのですが、非常にライト化して継続中
もともと壊滅的な技術が、更に目も当てられない事になってます。orz

それでも独立小隊・PM等で色々お声をかけていただいて、回数こそ少ないながらも、内容的に濃い楽しみ方をさせていただいています。

さて今回の晒しになりますが、非常に時間を遡って去年大晦日に撮影された、意味無し動画をアップしました。
・・・今更感が酷いのは承知の上なのですが、なんとなく消すのもな〜〜っと思った次第です。

ア・バオア・クー 8vs8 オッゴ 






最近乗っていない近カテ動画
しかも、いつぶりに使ったか判らないオッゴです(^^;
装甲薄いし、格闘強いわけでないので、お安い砲台運用
要するに引き撃ちばら撒き↓

1本目
ダブタンで一機は中央突破
右ルートは高ゲルとオッゴ(私)だったので、なるべくひきつけて〜〜〜とか考えていたら、あっという間に蒸発。
高ゲルさんが生き残ってくれたから良いものを、囮としてどうなんだろうという内容
終盤はやること無くなってきたので、右ルート通路からチキンな横槍活動。
コスト的にも無視されているので、何も考えず撃ち込んでおります。

2本目
終盤コレでもかと重キャに殴られた。
そのおかげもあったのか、すんでのところでセカンド拠点阻止できて辛勝。
乱戦時に攻撃回転の悪い近距離機を狙ってもらえて助かった。
完全に自分以外に助けられた。
ガンダムにミサポ撃ち込んで蒸発させたところは、気持ちよかったww

3本目
前二戦と違って、序盤は静かな射撃戦
連邦が枚数不利なのにわざわざ中央を選んでくれたおかげで、殆ど拠点を撃てずに全滅。
ジオン側は、枚数不利のなか拠点攻略成功
2回落ちる直前に、それぞれアレックスを道連れに出来たのが運がよかったところだろう。
全般的に、適当に撃ったバズが狙っていない敵に当たりまくっている一戦でもある。


たまった動画も含めコレからアップ再開していきます。

絶賛更新停滞
最終クレジットになります
最終クレジットは、ヨメがシーマさま(嫁がシーマ様)さんとのマッチング

一戦目グフカス ガトBロッドB
初めて板スナを実戦で見た戦闘
編成で格が少なめだったので、嫁がシーマ様さんとは別れて、アンチ(近2機)と一緒に左ルートへ


いや、突っ込みすぎだというのは、十分理解してます。
そのうえで一言
若干でよいから、距離つめてくれぃ
3落ちしている私が酷いのは理解してるから(−−;

二戦目 ギガン

再び到来、脳筋タワー♪
今回も地雷タンクです。
1st屋上で、飛ぶかどうか判断迷ったのが、最終的な3落ち要因か?
直前の三階部分の攻防で、すっかり制圧していたようだったので

迂闊に先行

追加リスタ
を避けたかったので、踏みとどまってます。

私の個人的戦績は散々ですが、2連勝。
小隊時報久々の勝ち越しです。

・・・私の前衛力に、非常に疑問を挟まずにはいられない内容の、小隊時報だったことは間違いが無いw

このページのトップヘ